うつみ歯科医院

医院のご案内 | うつみ歯科医院 | 四街道市の歯医者さん

医院案内

〒284-0001
千葉県四街道市 大日 418-3アズマエステートビル 3F
TEL:043-422-7036

診療内容
一般歯科 小児歯科 予防歯科 ホワイトニング 入れ歯 口腔外科 歯周病治療 咬み合わせ診療

 

お電話相談受付中月~水20:30~21:00

 

求人情報

 

Fain Doctor

 

上のQRコードでスマートフォンサイトが開きます。
HOME»  一般・小児歯科

一般・小児歯科

こうならない為にも

こうならない為にも

 

左の写真は何の写真かおわかりですか?
正解は「歯が無くなった人の口の中」です。
歯は失ってから後悔し、歯のありがたみを感じます。
私は今まで歯を失って辛い想いをしている患者さんを以前勤めていた病院で数多く診てきました。
歯を失わないために、ずっと自分の歯を健康に維持するためにはどうすべきかを一緒に考え、将来のゴールに向かっていきましょう。

 

まずは予防をしましょう!

「歯を失わない為にはどうすればいいか」それは予防です!
ではどんな「予防方法」があるのか。
それをまずご紹介します。

 

患者さんご自身で出来る予防

ブラッシングなどのケア
なんといっても日々のケアは欠かせません。
ブラッシングは「磨いているつもり」でも「磨けていない」ケースが多いです。
うつみ歯科医院では、ブラッシングの指導を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。
・食べ物
実は食べ物でも、摂取の量・バランスなどで歯を侵食してしまう恐れがあります。
中には「酸蝕歯(さんしょくし)」といった、食べ物の「酸」が歯を溶かしてしまうこともあります。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

当院で出来る予防

・フッ素塗布
・歯のクリーニング
など
詳しくはこちらをご覧ください。
日々のブラッシングやフッ素塗布などの処置を行っても、限界があります。
根本は何か?
それは皆さんが毎日お口に入れている食べ物です。
食べ物の摂取の仕方を改善することによって、歯の健康を守ることができます。
うつみ歯科医院では、こうした「食」についても抗加齢歯科医学研究会専門医の資格やNR(栄養情報担当者)認定資格をもった院長がアドバイスしております。歯科治療とともに、口腔内の健康だけでなく、身体の健康までもサポートさせていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

当院で出来る予防

 

それでも虫歯が出来てしまったら

虫歯治療って?

口腔内に発生したプラーク(歯垢)によって歯が溶かされる「虫歯」。虫歯が進行して溶かされてしまった歯は、自然に治ることはありません。そのまま放置すると、さらに悪化して最終的に歯を失うことになるのです。
虫歯は5つの段階を経て進行します。虫歯治療のためには、早期発見と早期治療が重要。下記の表を参考に、自分自身の歯の状態を確認してください。

 

  詳細 治療法
CO
CO
最初期の虫歯で「脱灰」と言います。痛みはまったくありませんが、歯の溝がうっすらと黒くなっていることがあります。 正しいブラッシングやフッ素塗布によって治癒できます。
C1
C1
歯の表面にあるエナメル質が虫歯によって溶かされた状態です。痛みは特にないことがほとんどです。 虫歯が進行した部分のエナメル質を削って詰め物をする方法が一般的です。
C2
C2
虫歯がエナメル質の奥にある象牙質まで進行した状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになります。 虫歯が進行した部分の象牙質・エナメル質を削って詰め物をする治療法が採られます。
C3
C3
虫歯が神経まで進行した状態です。常に激しい痛みを感じるようになり放置しておけなくなります。 虫歯に冒された神経を除去してから被せ物を装着するのが一般的です。
C4
C4
歯根まで虫歯が到達してしまった状態です。化膿を引き起こし、顎の骨にまで悪影響を与えます。 抜歯する必要があります。抜歯後は入れ歯やインプラントによって失った歯を補います。

 

顎関節症について

顎関節症とは、「顎(あご)が痛い」「顎がカクカク音が鳴る」などの症状のことをさします。
ひどい顎関節症となると、「肩こり」「腰痛」などの症状が出ることもあります。
ただ、一概に「肩こり」「腰痛」の原因が顎関節症によるものとは言い切れないので、
まず はドクターにご相談されることをおススメします。

 

OFP(口腔顔面痛)とは?

口腔顔面部、頚部には、顎関節症と非常に類似した疼痛を生じる病気があり、それらを称してOFPという用語が用いられています。顎関節症もOFPの一分野に分類されます。
歯や顎以外の原因で口腔内に痛みが発現することもあります。

 

TCH(上下歯列接触癖)とは?

本来、生理的な上下歯列接触は会話、咀嚼、嚥下の時に瞬間的に起こるだけです。
それが軽い接触では疲労に気づかず、そのまま接触し続け、長時間続いた後に疲労しきった形で気づくようになります。
心理的あるいは身体的緊張が増すと歯列接触時間が長くなります。どこかで耐久力の低下と歯列接触による負担増加が交差することになり、その後は歯列接疲れよりさまざまな症状(慢性咬合痛、歯周病の悪化etc)が現れる可能性が高まります。

 

虫歯菌は母親からうつる!?

虫歯菌は母親からうつる!?

 

生まれたての赤ちゃんの口内には、虫歯の原因となるミュータンス菌は存在しません。 しかし、いつのまにか虫歯菌が住み着いてしまうのです。その原因をご存知ですか?

 

赤ちゃんが虫歯になる原因は母子感染

赤ちゃんに虫歯菌をうつしてしまうのは、他ならぬご家族です。そして一番はお母さん。 お母さんが噛み砕いて口移したものを食べさせたり、お母さんの使ったお箸で食べさせたり…… たったそれだけのことで虫歯菌がうつってしまいます。 子どもはその後一生虫歯と闘わなければならなくなるのです。

母子感染防止のための有効なテクニック
■赤ちゃんの口に入るお箸やスプーンは赤ちゃん専用のものを使う。
■食べ物を冷ますためにフーフーすることをやめる。
■ついつい赤ちゃんが口に含んでしまいそうなおもちゃ類は清潔にしておく。
■赤ちゃんと接するときはよく歯磨きをして、口内を清潔にしておく。
■出産前から虫歯のない状態にしておく。
■赤ちゃんが生後3、4ヶ月~24ヶ月の間は、家族でキシリトール入りのガムを毎日4粒ずつ噛む。

ただし、あまりにも神経質になりすぎて愛する赤ちゃんとのスキンシップが失われることがないようにしましょう。 虫歯菌をうつさないことは大切ですが、お母さんやご家族の愛情をたっぷりと与えることのほうがはるかに大切です。

 

シーラントって?

シーラントって?

 

シーラントとは、奥歯の溝に接着力のあるプラスチック樹脂を埋める虫歯予防方法です。 この樹脂は虫歯治療後の詰め物と同じレジンでできているため、きちんと埋めていれば奥歯は虫歯になりません。
6歳臼歯が生えたら……
樹脂はいずれ剥がれてしまうことも考えられますが、短期的であったとしても虫歯予防に高い効果を発揮します。 特に、生えて間もない奥歯(6歳臼歯など)は虫歯になりやすいため、シーラントは非常に有効です。

 

定期的に管理しよう

虫歯予防は「シーラントを行えばOK!」というわけではありません。 毎日の丁寧なブラッシング、シーラントが剥がれていないかどうかの定期検診など、 日常生活の中で虫歯予防に取り組むことが大切です。

 

患者様から直接ご予約する場合はホームページをご覧ください

CAD/CAMとは

CAD/CAMとは、コンピュータ上で設計をし、コンピュータの制御によって加工製造を行う技術のことをいいます。
平成26年度の診療報酬改定により、先進医療において臨床が行われていた「歯科用CAD/CAMシステムを用いた歯冠補綴」が保険適用されるようになりました。
ただし、適用される部位は小臼歯の冠に限られます。材料はCAD/CAM用ハイブリッドレジンブロックです。